回答

F1 DataWeb > よくある質問(FAQ) > 回答

[レース][チャンピオンシップ][ドライバー][コンストラクタ][エンジン][グランプリ][サーキット][歴史][][掲示板]


1976年日本GPのファステストラップを獲得したドライバーは長谷見昌弘とJ.ラフィーのどちらですか?
1976年第16戦日本GPでのファステストラップ獲得者には2説あり、資料によってドライバーの名前が違っています。一人は長谷見昌弘で、もう一人がJ.ラフィーです。

実際に計測された(と発表されている)ファステストタイムは長谷見昌弘のタイムなんですが、このタイムはピットアウトした周に記録されています。具体的には24周目終わりにピットインして、25周目にファステストラップを出したことになっています。さらに、このファステストラップは 1'18"23 というタイムなのですが、その次に速いJ.ラフィーのタイムが 1'19"97 ですから、1秒74も速い。そのためこれは間違い(計測ミス)であると判断し、F1 DataWebでは1976年日本GPのファステストラップ獲得者をJ.ラフィーとしています。
(敬称略)
(2004-10-23)

【広告】


Copyright (C) 1996-2021 Object Co.,Ltd. / ISHIKAWA, Yoshiaki All rights reserved.
[cache]