F1レギュラー参戦と同じ年にルマン優勝

レースやドライバー、チームのことなどなどF1に関する話題はこちらです。
エンジンから煙!

F1レギュラー参戦と同じ年にルマン優勝

投稿記事by エンジンから煙! » 2015年6月27日(土) 01:42

こんばんは。
たまに出てくる、この名前。忘れた頃に、重箱の隅つつき。

今回の調査依頼は、F1以外のカテゴリーをまたいだ質問になるので、
やや範疇外になるかもしれませんが、まぁそれでもF1ドライバーに絡む内容なので
投稿してみました。よろしくお願いします。

(直接こちらのWebの取り扱い内容とは掛からないので、相談室ではなく、談話室にて)

先日 開催されました、第83回ル・マン24時間レースで、
今年(2015年) フォース・インディアからF1に出走してます、ニコ・ヒュルケンベルグが、
総合優勝したポルシェ・チームの、優勝メンバーの1人となりました。

そこで、気になったのが
「その年のF1世界選手権にレギュラー・エントリーしたレーサーが、
 同じ年のル・マン24時間レースでの総合優勝にも関わる」ケースが
歴史上、何人ぐらいいるのか?という事。

最初は「フル参戦」と書きかけたのですが、
どこまでを範疇とするかを考えたときに、パッと思い出したのが、1991年のケース。
・J.ハーバートは、シーズン16戦中8戦のエントリー。(連続していない)
・B.ガショーは、開幕から第10戦まで出た後に、ある事件で契約解除。

これ以外にも、インディ500が選手権に組みこまれていた1950年代や、
「同じ週にF1開催とカブり、それを蹴ってル・マンに参加した」パターンなんかも
有るのかなぁ?・・・という仮説が色々と浮かんだので、思案中。

確実にOKなのが、
・1978年の、D.ピローニ
・1972年の、G.ヒル
・1968年の、P.ロドリゲス
・1965年の、J.リント
(それ以前は、今のところ調べるのが疲れた)

今年、無事にヒュルケンベルグがフル参戦すると、実に37年ぶり。
耐久レースが、元.F1経験者か専門職で占められている今の時代にあって、
この記録は、結構スゴいと思いますが、いかがでしょうか?

それでは、今夜は この辺で失礼します。

“F1談話室” へ戻る